シンクライアントとは利用者が使用するクライアント端末に必要最小限の処理をさせることで負担を軽くし、多くの処理をサーバー側で行うシステムのことです。シンとは薄いまたは少ないという意味です。シンクライアントという言葉は、クライアント端末がサーバーに接続するための最小限のネットワーク機能と入出力を行うための装置を備えていればよいことに由来しています。
一方ファットクライアントは、シンクライアントとは逆にサーバーとは独立した豊富な機能を有するクライアントコンピュータのことを指します。ファットクライアントもサーバーやネットワークへの接続が必要ですが、多くの機能を単独で行うことができます。シンクライアントの場合、データ処理や検証などを行うためにはネットワークへの接続が必要です。

シンクライアントを実装する方法とは

シンクライアントの実装方式には様々なものが存在します。まず大きくネットワークブート型と画面転送型に分類することができます。ネットワークブート型はサーバーに保存されたイメージファイルをクライアント端末がネットワーク経由でダウンロードします。端末のCPUやメモリを利用し、一般的なパソコンと同じ感覚で使用できるという特徴があります。複数ユーザーによる共有も可能です。
画面転送型はサーバーやブレードPCで行われた演算結果を、クライアント端末に転送して表示します。このタイプの実装方式はさらにサーバーベース型とブレードPC型、デスクトップ仮想化型に分類することができます。ブレードPCとはCPUやメモリなどパソコンと同様の機能を有するコンピュータです。デスクトップ仮想化型はサーバーベース型とブレードPC型の両方の性質を有します。

シンクライアントを実装するメリット

サーバーベース型では複数のユーザーが1つのサーバーにログインし共同利用します。一方ブレードPC型では1クライアントごとに1つのブレードPCを割り当てます。デスクトップ仮想化型ではサーバーを仮想化して各ユーザーごとに専用のパソコンを設置します。仮想パソコンは各ユーザーごとにカスタマイズしたり、特殊なアプリケーションを利用することができます。
いずれの方式で実装した場合でも、個別にパソコンを準備する場合と比較して運用管理コストを削減することが可能です。またタブレットやスマートフォンなど様々な端末で利用することができるというメリットもあります。場所や時間を問わずに使用することができることから、在宅勤務など様々なワークスタイルに対応することも可能です。