シンクライアントとは、ビジネスシーンで使用されることが多い言葉で、主に端末を指して使われることがあります。また、端末を見ただけでは何の変哲もありませんから、言葉の理解が曖昧で、良く分からず使っている人も少なくないと考えられます。端末はシンクライアントの重要な要素ですが、直接目に触れないサーバー側もまた、システムの実現に必要不可欠だといえるでしょう。この二つが揃ってこそ、初めて可能性が広がるシステムは実現しますから、どちらか一方ではなく、両方合わせて理解を深めることが大切です。管理者の負担が軽減される技術なので、端末の使用者であるユーザーは恩恵を感じにくいものですが、安定かつ安全に使えるという意味においては少なからずメリットがあるといえます。

オフィスで注目されるシンクライアントとは何か

シンクライアントのシンは、薄いや細いを意味する単語で、豊かさを表すリッチと対義的な関係になっています。これだけでは意味がわかりませんし、理解が及ばないのも当然ですから、もう少し具体的に言葉の意味や定義の理解を深めましょう。通常、サーバーはウェブサイトを提供する側であったり、データベースを管理する機械に使われる言葉です。シンクライアントでは、クライアント端末に表示される情報の多くが、このサーバー上で管理や処理が行われます。つまり、一般的な端末とは違い、サーバーが存在して初めて成り立つと考えることが出来ます。逆に捉えれば、サーバーがなければクライアント端末は生きないので、サーバーが絶対的優位の仕組みだと理解することが可能です。オフィスで貸与されるコンピュータも、実はシンクライアントの端末で、サーバーに管理されているとしてもおかしくありません。

一元管理が簡単になるシステムを指します

中央サーバーが存在するシンクライアントとは、クライアント端末の権限や自由度をあえて奪い、代わりにサーバー側が責任を持って管理を行う仕組みだと表現出来ます。サーバーとクライアント端末が担う処理の割合は、導入するシンクライアントの仕組みによって違いますが、いずれにしてもサーバーがなければ動かないのは前提条件です。データの保存、あるいは管理を全てサーバーに任せる、これはシンクライアントを導入しているオフィスでは常識です。クライアント端末は入力と表示だけで、後はサーバー任せというケースもありますから、サーバーの依存度は決して小さくないと考えられるでしょう。むしろ、重要な情報を扱う責任のありかを明確に出来るので、一見複雑そうに見える仕組みも、今では有用なシステムとして世界中のオフィスで幅広く選ばれ活用されています。